わけぎの栄養と健康効果

わけぎ

 

わけぎは春先に旬を迎える葉ネギの一種です。

ねぎよりも辛みも香りもマイルドで立派な副菜になります。

ねぎ類特有の数々の健康効果があり、季節になったら取り入れたい食材です。

 

スポンサーリンク

 

わけぎの栄養

わけぎ

栄養素は葉ネギとほぼ同じ緑黄色野菜に分類されます。

【わけぎと葉ネギ、根深ねぎ(長ねぎ)の栄養価比較表】

食品100g中の栄養価 わけぎ 葉ネギ 根深ねぎ
エネルギー kcl 30 30 34
水分(g) 90.3 90.5 89.6
たんぱく質(g) 1.6 1.9 1.4
脂質(g) 0 0.3 0.1
水溶性食物繊維(g) 0.3 0.3 0.3
不溶性食物繊維(g) 2.5 2.9 2.2
カリウム(mg) 230 260 200
カルシウム(mg) 59 80 36
鉄(mg) 0.4 1.0 0.3
β-カロテン(μg) 2700 1500 82
ビタミンK(μg) 170 110 8
ビタミンC(mg) 37 32 14

わけぎと葉ネギは栄養価も似ていますね。

白いところを食べる根深ねぎはβ-カロテンが少ないことがわかります。

 

 

わけぎの健康効果

硫化アリルがビタミンB1の吸収を助ける

ねぎ類と同様、硫化アリルを含むことから、ビタミンB1の吸収を助け、血行を促進してくれます。

血栓を予防・・・脳卒中、心筋梗塞(しんきんこうそく)を防ぎます。

 

また、ビタミンB1は糖質をエネルギーに分解するときに必要なビタミンです。

そこから、硫化アリルは間接的に疲労回復、スタミナ増進、食欲増進、殺菌などの効果が期待できます。

硫化アリルは根元の白い部分に多く含まれます。

わけぎの他にもたまねぎ、長ねぎ、葉ネギ、ニラ、にんにくに含まれています。

 

β-カロテンを多く含む

特徴はβ-カロテンを多く含むこと。β-カロテンは必要に応じてビタミンAに変換されます。

注・・・ビタミンAに変換された分はβ-カロテンとしての働きはしません

 

β-カロテンは体内で以下のように働きます

  • 病気や老化の原因になる活性酸素の発生を抑える作用
  • 免疫を活性化させ細菌やウイルスから身体を守る
  • 免疫が活性化することによってがんを抑制する
  • 皮膚や粘膜、目の網膜を保護して健康に保つ

 

ビタミンKがある

ビタミンKはわけぎの青い部分に多く含まれます。

ビタミンKは骨にカルシウムを定着させる作用があります。

 

ビタミンCが豊富

ビタミンCは以下のように働きます

  • コラーゲンの生成をうながして皮膚や粘膜を健康に保つ効果
  • 体の免疫力を高め風邪などの感染症を予防るす効果
  • メラニンの生成を抑えて、シミの予防

 

 

食物繊維

食物繊維は整腸作用があり排便の調子を整えます

わけぎには水溶性の食物繊維も不溶性の食物繊維も含まれます

新しいわけぎは内側にヌルヌルしたゼリー状のものが含まれます。ヌルヌルは水溶性食物繊維です。胃腸の粘膜を保護し、たんぱく質の消化を助けます。

 

カリウム

カリウムはナトリウムとバランスを取り合う関係にあり、ナトリウムが過剰になると、これを排泄する作用があるところから

  • 細胞内の水分量を調節
  • 筋肉の働きをコントロール
  • 血圧を安定させる

などに働きます

鉄を含み貧血の予防になります

 

 

わけぎは・・・

わけぎはユリ科の多年草で葉ネギの一種です。葉ネギと異なるのは肉質が厚くて独特の香りと甘みもあります。

1500年ほど前に中国から渡来したそう。

冬の間に新しい葉が伸びて株が増えるところから「分葱(わけぎ)」と呼ばれるようになりました。

江戸時代には別名を「冬葱(ふゆぎ)」といい、冬野菜として食べられていました。

 

広島県が全国シェアの約65%で、広島の特産品となっています。

明治の初め頃から広島市の近郊で栽培され、大正の頃から尾道、三原などの瀬戸内沿岸で栽培されています

旬は3月から5月頃です。

 

すずまり

関東では葉ねぎのことを「わけぎ」と呼ぶので注意してくださいね

 

 

わけぎとねぎを比べると

わげぎはねぎとたまねぎの雑種です。

ねぎよりも根元が白くふくらんでいるのが特徴です。

味は辛みが少なく甘みがあり、香りもマイルドです。

 

他の細ねぎ同様、色がきれいで薬味としても重宝されています。長ねぎほど香りが強くないので炒め物やサラダにも向いています。

 

 

わけぎの選びかた

  • 青々としてビンとしているものがよい
  • 内側のヌルヌルが多いものが新鮮
  • 葉先の緑が鮮やか
  • 根元の白い部分が多く、太すぎない

さけたいものは

  • 葉先がしおれている
  • 葉に斑点がある
  • 根の部分がつぶれている

 

わけぎはイカと組み合わせて効果アップ

わけぎは免疫力を高め、疲労回復を助けてくれます。イカも同じく疲労回復に作用するタウリンが豊富です。

 

わけぎは“ぬた”がいいですね。ぬたとは酢みそ和えのこと。“わけぎのぬた“といえば、サッと熱湯をくぐらせた白いイカとすごく合います。少し練り辛子を加えると味が引きしまります。

昔の人は経験から、わけぎの季節になるとイカと合わせて辛子酢みそ和え=“ぬた“を作ってきました。きっと、これを食べると体にいいと体感していたのだと思います。

しかも、辛子は味がしまるだけでなく、多少ですが殺菌作用もあります。

タウリンは中性脂肪やコレステロール値を下げる作用もあります。

 

 

【まとめ】わけぎは春先がおいしい

わけぎ

たくさん食べるものではないけれど、緑黄色野菜としてのパワーを持っている”わけぎ”

健康効果を持つ 硫化アリルがあります。

辛みも独特の臭いもマイルドです。

春先の身体にわけぎはいかがですか。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

〈参考〉

  • 家の光協会:和の薬膳食材手帳
  • 高橋書店:あたらしい栄養学

☆管理栄養士 すずまり が書きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

管理栄養士のすずまりです。 食べものの文化的な側面など「おとなの食育」の観点から書いています。